カテゴリー別アーカイブ: Unity

Unityパッケージ

今回はUnityのパッケージ導入の手順をまとめました。

ゲームを一人で気軽に作ろうと思っても絵を描けないから
キャラクターやマップを作成するのに時間がかかるということに自分はなりますが
Unityなら「AssetStore」というUnityのパッケージが置いてある場所があります。

「AssetStore」ではUnityのアカウントでログインすることができます。
有料と無料のパッケージがあるので何でも無料で使用することはできないので注意してください。
ではパッケージの導入手順ですが、「AssetStore」で使用したいパッケージを見つけたら、UnityからAssetStoreのタブを開いて使用したいパッケージをimportできる状態まで持っていきます。

Webブラウザで見ていた人は「AssetStore」でパッケージをダウンロードしてから
「Unityで開く」ということができるので、そこからUnityで見ることができます。

この画像の状態にしたらimportを押します。


importを押したらこの画面が出てくるので、使用したい内容にチェックを入れimportを押します。


importが始まり、終わると画像のように左下に新しく入れたパッケージが追加されます。

これでUnityのパッケージ導入は終わりです。
ここからパッケージの使い方は、またの機会か他の人が書いてくれると思います(多分・・・)

パッケージを組み合わせるだけで、簡単にゲームが作れるということができるので、みなさんもいろいろ試してください。

Unityでの3Dゲームの開発

Unityカテゴリでの投稿は2つ目になりました。今回は、実際にUnityで簡単なゲームを作成しての感想等を書いていこうかなと思います。
ちなみに前回とは投稿者が違います。
前回の投稿で、「思いつくまま好き勝手にゲームを作り、その製作過程で感じた他愛ないことを、未経験目線から淡々と語っていく予定だ。」と書かれているので、その精神にのっとり、他愛ないことを記載していこうと思います。

やってて思ったのはCharacterControllerすごい便利だった。衝突判定の挙動が少し面倒くさいし、いろいろなサイト見てるとあんまり推奨している感じではないけどIsGroundedで地面の判定勝手に取ってくれるし、良いと思います。
ただ、OnControllerColliderHit使うと、オブジェクトに乗った時でないと判定取らないのは困った。動いてるもの同士だと大丈夫らしいんですけどね。
そこでオブジェクトにBoxCollider増やしてIsTriggerにチェック付けてOnTriggerEnterですよ。RigitBodyつけるともっといいかもしれません。参考までに書いときます。

後は、本当に簡単に作れるなぁっていうのが一番の感想です。
VRとかも簡単に作れるらしいので、やってみたいなとは思います。

Unityで2D/3Dゲーム製作 はじめに

皆様はUnityというものをご存知であろうか。

堅く言えばゲームの統合開発環境という訳なのだが
要はゲームを作るためのツールというイメージでいい。

そもそもゲームを作る際は
グラフィック描写機能、モーション制御機能等々
まず基盤のシステムから開発し環境を整える必要があったのだが

Unityにはゲームエンジンとしてそれらの機能が備わっているので
手間なく本筋からのゲーム作成を行うことができる。

実際、Unityは世界中のゲーム開発企業にも幅広く利用されている。

 

なおPersonal版であれば
Unity自体は公式サイトから無料でダウンロード、インストール可能である。

unityを利用する際はunityIDアカウントを作成する必要があるので注意

 

つまりUnityを使えば
誰でも簡単にゲームが作ることができる
ということだ。

しかもストアにアップロードすることで作成したゲームの公開も可能となっている。

 

さて、本『Unity』カテゴリ記事では、
ゲーム製作未経験者である筆者が、このUnityという便利ツールを用いて
思いつくまま好き勝手にゲームを作り、その製作過程で感じた他愛ないことを、
未経験目線から淡々と語っていく予定だ。

なのでUnity自体の操作、手法に関する詳細な解説等は基本書かない(書けません!)つもりなので悪しからず。
純粋にUnityの技術を習得したい方は、無難に公式のヘルプサイトやUnity教材等を参考にしましょう!

兎にも角にもこの記事を通して
ゲーム製作の楽しさ、奥深さ
少しでも伝われば幸いである。