プラグイン「Jetpack by WordPress.com」をインストールし、共有ボタンを投稿記事画面に表示するまで

プラグインのインストールと有効化

プラグインを追加画面より、画面右上にあるプラグインの検索から「Jetpack by WordPress.com」の検索を行い、
検索結果にある「Jetpack by WordPress.com」の「今すぐインストール」リンクをクリック

プラグインがインストールされ、「有効化」のリンクが表示されるので、クリック

 

クリック後の画面で、「jetpackをWordPressに接続する」が表示されるので、
「Wordpress.com と連携」をクリック

クリック先の画面にて、WordPress.comからログインを要求されます。
WordPress.comアカウントが無い場合、メールアドレス、ログインID、パスワードの三点を入力し、
画面下の「Sign Up and Connect Jetpack」をクリックしアカウント登録してください。

今回は、すでに「WordPress.comアカウント」が存在するため、そちらを利用してログインします。
下部にある「Already have an account? Sign in」をクリックし、ログイン画面に進みます。

ユーザIDまたはメールアドレスと、パスワードを入力し、ログインします。

ログインすると、「Completing connection」画面が出るため、下部の「Approve」をクリック

クリック後、プラン選択画面が表示されるので、画面左にある「Free」の「Start with Free」をクリック

クリック後、WordPress管理画面の「Jetpack」Top画面に遷移する。
左メニューに「Jetpack」が表示されていれば、完了

 

これで、「Jetpack by WordPress.com」の有効化は完了。

この後、機能の有効化と設定を行っていきます。

「Jetpack by WordPress.com」内の機能の有効化

左メニューの「Jetpack」内にある、「設定」リンクをクリックする。
クリックすると、「Jetpack by WordPress.com」の機能管理画面が表示される。

今回は、TwiteerやFacebookの連携を行うための共有ボタンの設定を行っていく。

「WordPress.com」上での共有設定

「Jetpack by WordPress.com」の機能管理画面にて、画面上部のリンクより「Sharing」をクリックする。

すると、共有に関する機能の一覧が表示される。

この一覧から、「Sharing buttons」の項目を探し、下部に表示される「共有ボタンを設定する」をクリック

すると、Wordpress.com内の「Sharing Buttons」画面に飛ぶため、
下記を参考に設定する。
「Edit Label text」→文章の編集が行える。
「+Add sharing buttons」→画面上に選択したボタンを表示選択できる。
「+Add “More”buttons」→Moreボタンを表示し、クリックすると選択したボタンを表示選択できる。
「Button style」→ボタンの表示形式を指定できる。 (今回は公式が提供しているボタンを利用したいので、「Official Buttons」を選択する。)

また、画面下部にある「Options」にて「Show sharing buttons on」のチェックボックスにチェックを入れる。
「Posts」→投稿記事
(一覧ページ上の各記事にボタンを表示したい場合は「Front Page, Archive Pages, and Search Results」にチェックを入れる)

編集が完了したら、「Save Changes」ボタンを押下し、更新を行う。
更新が完了すると画面右上に「Settings saved successfully!」が表示される。

 

また、上記の設定は、下記で説明する「WordPress管理サイト」上の下記リンクから飛んだ画面でも設定が可能となっている。

 

以上で、設定の方が完了。

投稿記事画面で、記事の下部を見てみると、
共有ボタンが表示されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA