プラグイン「All in One SEO pack」をインストールし、SEO対策とソーシャルメディア設定を行うまで。

プラグインのインストールと有効化

プラグインを追加画面より、画面右上にあるプラグインの検索から「All in One SEO pack」の検索を行い、
検索結果にある「All in One SEO pack」の「今すぐインストール」リンクをクリック
画像1

プラグインがインストールされ、「有効化」のリンクが表示されるので、クリック

 

クリック後の画面で「All in One SEO pack」インストール後画面が表示される。
左メニュー内に、「All in One SEO」が表示されることを確認する。

(インストール済みプラグイン一覧での表示)

これで、「All in One SEO pack」の有効化は完了。

「All in One SEO pack」の各種設定を行っていく。

「All in One SEO pack」の各種設定

1、「一般設定」について
左メニューの「All in One SEO」内にある、「一般設定」リンクをクリックする。
クリックすると、「All in One SEO Pack プラグイン設定」の「一般設定」画面が表示される。

ここから、各種設定内容について記載していく

「一般設定」について
デフォルトの設定のままとする。
「Canonical URL」→チェックあり Canonical URLを自動で生成するかの指定
「ページネイションをCanonical URLsにしない」→チェックなし 最初のページへのすべてのページ分割されたコンテンツの Canonical URLを自動で生成するかの指定
「カスタムCanonical URLを有効化」→チェックなし 投稿毎にCanonical URLを設定が行えるようにするかの指定
「元のタイトルを使用」→無効を選択 検索結果のタイトルを書き換えるかの指定
「Schema.orgマークアップを使用」→チェックあり Schema.org対応の出力を行うかの指定
「ログの重要なイベント」→チェックなし デバッグ用ログの作成を行うかの指定

「ホームページ設定」について
※入力値については、画像を参照とする。
「ホームタイトル」 → titleタグの設定値を入力する。
「ホームディスクリプション」 → descriptionタグの設定値を入力する。
「代わりに固定フロントページを利用する」→無効を選択 固定ページにて入力したタイトルとディスクリプションを使用するかの指定

「タイトル設定」について
デフォルトの設定のままとする。
「タイトルを書き換える」→有効を選択 「タイトル設定」で指定しているフォーマット通りに書き換えを行うかの指定
(その他の設定については割愛)

「カスタム投稿タイプ設定」について
デフォルトの設定のままとする。
「カスタム投稿用のSEO」→有効を選択 カスタム投稿に対して「All in One SEO pack」を利用するかの指定
「SEOを行う投稿タイプ」→投稿、固定ページはチェックあり、メディアはチェックなし SEOの設定が可能な投稿タイプの指定
「詳細設定の有効化」→無効を選択 詳細オプションを利用するかの指定

「表示設定」について
デフォルトの設定のままとする。
カスタム投稿タイプの列ラベルを表示→投稿、固定ページはチェックあり、メディアはチェックなし 一覧ページ上にSEOタイトル、SEOディスクリプション、その他SEOの記述の列を表示するかの指定
(「カスタム投稿タイプ設定」-「カスタム投稿用のSEO」にて、無効を選択肢ている場合、この項目は表示されない。)

「ウェブマスター認証」について
デフォルトの設定のままとする。
Googleウェブマスターツール→Google Webmaster Tools の認証を行う場合に、認証コードを入力する。
Bing Web マスターセンター→Bing Webmaster Tools の認証を行う場合に、認証コードを入力する。
Pinterest のサイト検証→ピンタレスト の認証を行う場合に、認証コードを入力する。

「Google設定」について
デフォルトの設定のままとする。
Google+ デフォルトプロフィール→Google+プロフィールページURLを入力する箇所
Google+ プロフィールを無効化→チェックなし ユーザープロフィール上に「Google+」フィールドを表示するかの指定
サイトリンク検索ボックスを表示→チェックなし Googleでの検索結果の横に Google のサイトリンク検索ボックスを表示するためのマークアップを追加するかの指定
優先サイト名を設定→チェックなし Google にウェブサイト名を伝えるためのマークアップを追加するかの指定
高度な作成者情報オプション→無効を指定 Google+の著者情報を管理するための詳細オプションを表示するかの指定
GoogleアナリティクスID→Google Analyticsを利用する場合に、Google Analytics のIDを入力する箇所

「Noindex設定」について
今回、「カテゴリーをnoindexにする」についてのみ設定を変更する。
NOINDEX をデフォルト→投稿、固定ページ、メディア、全てチェックなし 「noindex」を設定する投稿タイプの指定
NOFOLLOW をデフォルト→投稿、固定ページはチェックなし、メディアはチェックあり 「nofollow」を設定する投稿タイプの指定
(その他の設定については割愛)
カテゴリーをnoindexにする→チェックなし カテゴリーアーカイブをインデックスするように変更

「詳細設定」について
下記の内容にチェックを入れる。
ディスクリプションを自動生成→ディスクリプションタグを自動生成するかの指定
ページ区切り付きページの説明を削除→ページ分割により、2ページ目以降のメタタグの記載を削除するかの指定

 

「キーワード設定」について
デフォルトの設定のままとする。
キーワードを使用→無効を選択 記事ページに対してキーワード設定を行うかの指定

設定が出来たら「設定を更新」リンクを押下し、更新を行う。

 

2、「パフォーマンス設定」について
左メニューの「All in One SEO」内にある、「パフォーマンス」リンクをクリックする。
クリックすると、「All in One SEO Pack プラグイン設定」の「パフォーマンス」画面が表示される。

「パフォーマンス」について
デフォルトの設定のままとする。
メモリ上限を上げる→256MB WordPressが利用しているPHPのメモリー設定値を入力する。
実行時間を延長する→システム標準を使うを選択 PHPの実行時間の指定
強制リライト→タイトルの書き換えを確実に実行するかの指定

3、「機能管理」について
左メニューの「All in One SEO」内にある、「機能管理」リンクをクリックする。
クリックすると、「All in One SEO Pack プラグイン設定」の「機能管理」画面が表示される。

「ソーシャルメディア」について
今回、FacebookやTwitterのメタタグを自動生成するための設定を追加する。

「ソーシャルメディア」の項目にある「Activate」をクリックし、機能を有効化する。
機能が有効になると、画面が自動更新され、メニュー内に「ソーシャルメディア」が表示されるので、クリックする。


「ホームページ設定」について
下記の設定を行う、その他は変更しない
AIOSEO の Title と Description を使用する→チェックあり 「All in One SEO」の一般設定にて設定しているタイトルとディスクリプションを利用するかの指定

「画像設定」について
デフォルトの設定のままとする。
OG:Image ソースを選択→Default Imageを選択 オープングラフイメージのためにデフォルトで表示される画像を指定
画像が見つからない場合はデフォルトを使用→チェック無し ソース側で画像の指定がない場合にデフォルト画像を使用するかの指定
デフォルトの OG:Image→OG:Imageのデフォルト画像の指定

「ソーシャルプロフィール」について
ソーシャルプロフィールリンク→FacebookやTwitter、Google +、Instagramのプロフィール用URLを記載する。
個人または団体のどちらですか?→リンク先のプロフィールが個人か、組織かを指定
関連付けられた名前→リンクの所有者にあたる名称(個人、組織)を記載する

「Facebook設定」について
Facebook 管理者 ID→Facebook管理者IDを入力する。(半角カンマ区切りで複数IDの入力可)
Facebook App ID→FacebookAppIDを入力する。
記事のタグを自動生成する→タグの指定がない場合に自動でタグを生成します。
Enable Facebook Meta for Post Types→オープングラフの対象とする投稿タイプの指定
Facebook Publisher の記事を表示→FacebookページのURLを入力する箇所

「Twitter設定」について
デフォルト Twitter カード→「Twitter Cards」の表示指定(別途Twitter Cardsの申請が必要)
Twitterサイト→Twitter上のユーザー名を入力
Twitter 投稿者を表示→Twitter上のユーザー名を入力
Twitter ドメイン→サイト名を入力する

「詳細設定」について
タイトル内のショートコードを実行→チェックなし OpenGraphのタイトルを生成するときに投稿またはページタイトルのショートコードが確実に実行するかの指定
ディスクリプション内のショートコードを実行→チェックなし OpenGraphのタイトルを生成するときに投稿またはページタイトルのショートコードが確実に実行するかの指定
タイトル内のショートコードを実行との違いは、OG記述の自動生成が有効になっている場合にのみ適用
自動生成 Open Graph 説明文に本文を使用→チェックなし 投稿の抜粋ではなく本文から OpenGraph の説明文を自動生成するかの指定。

設定が出来たら「設定を更新」リンクを押下し、更新を行う。

これで、設定が完了。

新規投稿ページの下部を見ると、「All in One SEO Pack」提供の設定項目が表示され、
記事毎にタイトルやディスクリプションの指定が可能となっている。
また、ソーシャルメディア用の設定も可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA