SpringMVCを公開する手順

SpringMVCのプロジェクトファイルを、ウェブにアップする手順。
準備として、SpringMVCのプロジェクトを作成してください。

●前準備(Apache Tomcatの確認と導入)
コントロールパネル→管理ツール→サービスを開く
一覧に「Apache Tomcat 7.0 Tomcat7」があるか確認し、なければApache Tomcatをインストールする。
Apache Tomcatのインストールは公式サイトで、PC環境にあった物を入れて下さい。

①Eclipseでの手順(WARファイルの作成)
Eclipseからプロジェクト名を右クリック
エクスポートをクリック
ser02

Web→WARファイルを選択し次へ
ser03

宛先はどこでも構いませんが今回は分かりやすく、プロジェクトが置いてあるフォルダに合わせておきます。
完了を押すと、宛先で指定したフォルダ内にWARファイルが生成されます。
ser04

②Tomcatでの手順
前準備でApache Tomcatをインストールしたフォルダの
webappsフォルダ中に、先ほど作成したWARファイルを入れます。
ser05
作成したSpringMVCのlibフォルダ内に追加したjarファイルがある場合は、そちらのファイルもTomcatのlibフォルダ内に入れて下さい。

コントロールパネル→管理ツール→サービスを開き、一覧にある「Apache Tomcat 7.0 Tomcat7」を選択しサービスの開始をクリック。
ser06

この時、Eclipse上のサーバは停止させておいて下さい。
Tomcatが起動するとTomcat 7.0\webapps内に、プロジェクト名のフォルダが自動生成されます。
これでTomcat側での準備は終わりです。

③ウェブページの閲覧
ウェブブラウザを立ち上げ、http://localhost:8080/にアクセスし、Apache Tomcatへ繋がるかを確認してください。
繋がる場合は下のような画面が表示されます。
ser07

URLに、上記で作ったWARファイル名を加えると作成したページに繋がります。
ser08

手順は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA